at FUKUOKA by Z7 & Z50F1.2s

俺は、第65豊栄丸、今治船籍の載貨重量3000t貨物船。 全国に船の燃料を運んでいる。 乗組員からは、小梅太夫と呼ばれている。 船長の好みで、週末は、良く博多港に停泊する。 食べ物は美味しいし、女性は綺麗との理由らしい。 […]

at FUKUOKA by Z7 & Z50F1.2s

at FUKUOKA by X100V

僕はスニーカーボーイ。名前はまだない。 僕の主人は、観光地の古い雑居ビルの2階で、アメリカンテイストの衣料雑貨を扱うショップをやってるんだ。 ショップは、広くはないが帽子、Tシャツ、ジーンズ等を置いてる。   […]

at FUKUOKA by X100V

at YAMAGUCHI by Z7 & Z50F1.2s

私はこのカフェの主。名前はまだ無い。 俗に言う、古民家カフェを営んでいる。 長らくお店をやっていると、様々な人がやって来ます。 この間も、カメラをぶら下げた一見おしゃれな初老の紳士(頭は薄い)が お店に入るなり、未だオー […]

at YAMAGUCHI by Z7 & Z50F1.2s

at HOFU YAMAGUCHI by X100V

我は毛利家の桔梗じゃ。 近頃、政略結婚として大名家との縁組の話が進んでおる。 我は、逢うたことも無い殿方への輿入れは、いやじゃいやじゃ、好いた殿方に嫁ぎたいのじゃ、 お玉其方はどう思う? お付のお玉は、姫君がお忍びで行く […]

at HOFU YAMAGUCHI by X100V

at HASAMI NAGASAKI by X100V

私、おにぎりの み・す・み。 清らかな水の流れる、この棚田で穫れたお米が生い立ち。 農家の人が、草を取り、水をやり、虫を取って 汗水たらしながら一粒一粒大切に育ててくれたお米。 そのお米を、おにぎり専門店の二人の おかか […]

at HASAMI NAGASAKI by X100V
10 / 12« 先頭...89101112